子どもの貧困と自分の生活を照らし合わせて

私は教員家庭に生まれた。しかし、幼少の頃は友達にいじめられていたものの、経済的に貧しさを感じることはなかった。しかし、私のプライドの高さや理解力の不十分さから、両親が過保護にしていると自分勝手に判断して、母によそで働いてほしいと言ったことがあった。

シェアして頂けますと嬉しいです!

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

       

TOP